スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cos kの作る楽曲の世界観について。

今更ながらウチはもう31曲ほど曲を作ってるんですねぇ。 (09/08/09現在)
で、そんな31曲ある中で、いくつかの楽曲は世界観が繋がってる曲もあったりするんですよね…

で、そんな世界観を自分でも確認できる用にまとめてみよう。
と、思ったり・・・

□メッセージのある世界観

ネオ・クラシカ -Neo Classica-」⇔「Ubiquitous Message
とにかく、ウチが作ったなかで一番メッセージを持った曲、「ネオクラシカ」
コイツのお陰でやる気がみなぎったのは言うまでもない。
なんつったって自分にだって帰ってくるくらいのメッセージ性がある。
UbiquitousMessageはそれの補間だったりボカロの心情だったりの歌

On-Line
こっちはイマイチかもしれないけど個人的には気に言ってる。
出会いや別れ、人間関係とか仲間意識とか、そう言うことに呼びかける歌だと思ってる。


□和風世界観

鳳蝶

桜グラフィティ

風の如く

矢印の順に聞いてみれば多分世界観は繋がると思います。
あと"月"をテーマにかけば「華蝶風月」(本当は鳥ですけど)になりそうですねー…

案外和風っぽい「」と「華 弐色」は実は独立してます。
相互作用もしておりません。テーマが華なだけで世界観に共通性が見られません。

あと新曲の「星空の天外を彷徨いて」も和風ではありますが、完全に独立系です。
でもそのうち何かにつなげたいかも…


□恋愛世界観

コレが一番長くなりそうです。
Romance Bridge

怪盗スティルハート
or
Logos

夏の日差しと君の影

群青よりも深い青

Be With You」→「朝焼けの街」(ハッピーエンド?)

或る戀の終わり

Twilight Express
↓(途中回帰)
夏の日差しと君の影」→「鋭月」(実は若干繋がってて血みどろバットエンド)

なんだろう、このノベルゲームのフローチャートみたいな構図(A'


□オルタネイティブな世界観

殺伐×殺伐
Read Around the Infinity
too Day's
The End of the World
幻想シネマ
Rosetta
Amen

これらの曲は共通的な世界観が無いにしても
多かれ少なかれ世の中に唾棄するような、もしくは
のほほんと聞いてる聴き手にトゲを刺す様な歌です。
殺伐×殺伐が一番過激かもしれない。だから一番気にいってます。


□幻想的・不思議世界観

コレは自分でもなんでこんな世界観になったのかわからない曲w
星空の天外を彷徨いて
幻想シネマ
Snow Dust Melody
鋭月


□そのほかの共通世界観

too Day's」⇔「朝焼けの街
なんというか、裏と表、みたいな感じになってます。


まぁこんなところですかね。
もしほかにも自分で世界観に気付いたら追加してみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cos k -雷鳴P-

  • Author:cos k -雷鳴P-
  • cos k -雷鳴P-が音楽に対する発言をしたり、ゲームの感想を呟いたり、世の中に唾を吐いたり、血圧よりも低い自尊心を護るために詭弁を嘯くブログです。
ピアプロプレイヤー

ブログプレイヤー用プレイリスト
by cos k
応援バナー
Asian Kung-Fu Generationの曲が好きで 中村祐介氏のイラストが好きで 森見登美彦氏の小説が好きな私にとって このアニメは最高の作品です。 DVD?勿論買いますよ。

「四畳半神話大系」公式サイト
つぶやき
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。