スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木尾士目の漫画にハズレは無い。

久しぶりに駅前のTSUTAYAを眺めてたら木尾士目の新作が出てた。

ぢごぷり 1 (アフタヌーンKC)ぢごぷり 1 (アフタヌーンKC)
(2009/05/22)
木尾 士目

商品詳細を見る


この人の作品初めて読んだのは「げんしけん」だけど、処女作の「陽炎日記」から「四年生」、「五年生」まで全部読んだ。
どの漫画も話が濃くて(げんしけん以外は結構重い話しだったりもする)読んでるだけで色々考えさせられる。

陽炎~五年生までは恋愛観とか人生観とか、そう言う事を色々考えさせられる。
げんしけんはあくまで明るく楽しく、って感じだけど、所々で考えさせられもするところが出てくる(荻上の中学時代のトラウマ話とか)

そして今回のこの漫画のテーマは「子育て」。(しかも(姉妹で育ててはいますが)シングルマザーがテーマっぽいです。)
絵柄は「げんしけん」よりもげんしけんの中のスピンオフの「くじびきアンバランス」に近い絵柄。
案外全体的に明るめでギャグっぽいのかなと思ったら結構序盤から重めでギャグもありつつのシリアス気味なストーリーでした。
木尾さん自身がげんしけんが終わってから子育てを体験した上で描いた作品らしく、キャラクターの心理描写が凄いリアルです。

この本は将来、親になる人は見るべきかもしれません。
"まだ子供なんて早いよ・・・"とか"相手もいないのに・・・"とか思ってる人でも見るべきです。
というか・・・
"結婚なんてしない"、"子供なんていらない"と言う人もみるべきだと思います。

この作品の中で主人公の親は、あまりの子育ての苦労の為に、何度か自分の子供に対してとても酷い悪態をついてしまいます。
そんな自分のとった態度にも自責の念を背負ったりして悩んで苦しんでしまうんです。
そんなになるくらい子育てってのは大変だって言う事がこれを読んでわかった気がします。
(頭で解ってるのと実際に経験する事はまったく違う事だってわかってはいます。
けど、「知らないよりかは知っていたほうがマシ」って事だってあるとは思いますしね・・・。)

ある台詞で
「・・・・・・これが子育てってものか・・・世の中のママさんはみんなコレをやってるんだね・・・・・・」
「逆を言えばみんなコレをしてもらって大人になったと」
「・・・・・・親不孝者ばかりだね・・・」
という会話がありました。このなんとない台詞にグッと心打たれました。

誰だって皆、誰かの子供な訳です。
"子供いらないし育てる事も無いだろうから"このマンガは読まないでいいとか思わないで欲しい…
この漫画を読んであなたを育ててくれた親の苦労くらいは理解してあげて欲しいです。
それがせめてもの親孝行ってもんじゃ無いでしょうか・・・?



俺の親もあと一週間もしないうちに還暦を向かえます…。
こんな駄目な末っ子を含めて3人も育ててくれた親に本当に感謝しないと・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cos k -雷鳴P-

  • Author:cos k -雷鳴P-
  • cos k -雷鳴P-が音楽に対する発言をしたり、ゲームの感想を呟いたり、世の中に唾を吐いたり、血圧よりも低い自尊心を護るために詭弁を嘯くブログです。
ピアプロプレイヤー

ブログプレイヤー用プレイリスト
by cos k
応援バナー
Asian Kung-Fu Generationの曲が好きで 中村祐介氏のイラストが好きで 森見登美彦氏の小説が好きな私にとって このアニメは最高の作品です。 DVD?勿論買いますよ。

「四畳半神話大系」公式サイト
つぶやき
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。